ロープレ関連情報

面接試験(ロープレ)の形式

15分間のロープレと5分間の口頭試問で構成されています。
 採点について
 ロープレ:態度・展開
 口頭試問:自己評価

・ロープレ
 守秘義務や座る位置の確認などは省略して開始。15分経過後タイマーが鳴ったところで終了(試験官から指示あり)。クライエント役の方が退出後、続けて口頭試問。
・口頭試問
 試験官からの問いに答え終わるか、5分経過後にタイマーが鳴ったところで終了(試験官から指示あり)。

[必読]ロープレ基本方程式

・最初の10分の進め方(0分〜10分)
 「感情に寄り添いながら」現状把握をする。
 NG例:CL「転職するか迷っている」→CC「転職をお考えですか」
 OK例:CL「転職するか迷っている」→CC「どういう点で迷われていますか」、「なぜ転職したいと思われたのですか」
 「事実<感情」の応答を心がける。
 
・最後の5分(10分〜15分)
 これまでの相談内容をまとめ、支援の確認につなげる。CC側からの提案や誘導は要注意(ロープレではNG行動)。あくまでCC主体で進める。意思決定を「促す」。

・口頭試問
 問いに対して、聞かれたことを簡潔に答える。
 できた点、できなかった(改善したい)点でCLの問題点(見立て)を言ってしまうと、今後のCLへの支援内容と重複してしまうため、注意が必要(口頭試問全体で、内容が冗長でなければ大丈夫です)。
 なお口頭試問は、そのロープレ内でCL・CCが発した言葉をそのまま引用して(もしくはCLの表情など)構成を組み立てるのが効果的です。一般的な内容(別のロープレでも活用できるようなテンプレ的な内容)は、良くないとされています。

マイクロカウンセリング技法

 試験官から採点されることを考えると、CLとの応答は理論をもとにしたものにした方が良いと考えています。養成講座の中でも学習した通り、マイクロカウンセリングの活用は効果的です。
 ・かかわり行動
  視線、表情、体の向き、声のトーンや話す速さ、言語的追跡
 ・クライエントの観察技法
 ・感情の反映
 ・はげまし、いいかえ、要約
 ・開かれた質問、閉ざされた質問

 これらのことが意識してできていると、口頭試問の「できた点」で話すことができます。

 面接試験では、「使う技法は問わない」とされていますので、マイクロカウンセリングの活用は一例とお考えください。

労働者属性別のキャリアコンサルティング技法(厚労省)

 平成29年(2017年)の情報となりますが、厚生労働省のサイトに「労働者等のキャリア形成における課題に応じたキャリアコンサルティング技法の開発に関する調査・研究事業」という情報が公開されています。

 この情報はキャリアコンサルタント協議会が作成しており、ロープレの進め方(どの属性のCCにどの手法が活用できるか)について、記載があります。あくまで例示であり、すべての場合に活用できる訳ではありませんので、その点はご注意ください。

女性

出産・育児と仕事の両立に困難を有している女性など

キャリアコンサルティング技法解説
<女性編>

育児女性相談者への質問例

若年

不本意に非正規雇用で働く若者や正社員として在職しているが、安易な離職願望などを有している若者など 

キャリアコンサルティング技法解説
<若者編>

雇用関係チェックシート

中高年

キャリアチェンジを余儀なく迫られていたり、何らかのキャリア形成上の課題に直面する中高年など

キャリアコンサルティング技法解説
<中高年編>

人生後半戦のライフ・キャリアシート

大学等におけるキャリア教育実践講習

 P96から、カウンセリングスキルの解説があります。カウンセリングの進め方を整理するために、一読されることをお勧めします。

入退室のマナー参考動画

【京都労働局】面接でのマナーや気を付けるポイント

 面接では、これまでの経験やスキルだけでなく、応募者の人柄や立ち居振る舞いなど、 総合的な視点から採用するかどうかを判断しています。
 本動画では、面接でのマナーや気を付けるポイントをご紹介します。
 0:40  会社訪問前のマナー
 2:44  あいさつとお辞儀の基本的なポイント
 7:55  会社訪問時のマナー
 9:00  入室から退室までの一連の流れ
 12:24 最後に
 面接マナーを通して、面接に対する応募者の態度や姿勢も見られています。 面接前は緊張する方も多いでしょう。 ご紹介した基本的なマナーをしっかり押さえて、 自信をもって面接に臨めるようにしていただければ幸いです。